失敗しないマットレスの選び方とは

マットレスを買ったり買い換えたりすることは、一生のうちそう何回もあることではありません。人は1日の内3分の1は寝ている時間で、人生の約25年はマットレスの上にいる計算になります。マットレスの大切な役割として、睡眠時の体重によってかかる圧力を吸収し分散して体の負担を軽減することがあげられます。

 

多様多種のマットレスがあり、一体どれを選んだだら良いのだろう?という悩みはありませんか。色や形だけのファッション性で選ぶのは、マットレス選びの失敗につながります。マットレスの特徴を知り、自分の体にピッタリのものを探したいものです。 

 

マットレスには大きく5つの種類があります。

  1. ボンネルコイルマットレス
  2. 高密度スプリング
  3. ポケットコイルマットレス
  4. 低反発マットレス
  5. 高反発マットレス

 

1.体をマットレスの面で支えるボンネルコイルマットレス
寝心地は適度に硬く、畳の上に布団を敷いた感覚に近い体感があります。

 

2.高密度スプリング。ボンネルコイルマットレスを高密度に配置したタイプのマットレスで、体感はボンネルコイルマットレスと変わりませんが、耐久性に優れています。

 

3.ポケットコイルマットレスは体を点で支えます。コイルが一つ一つ独立しており、体の圧力を分散させてくれるので、体にフィットした感覚を得られます。

 

4.低反発マットレスは、元々アメリカのNASAが宇宙飛行士の体にかかる重力の負担を軽くするために開発されたウレタンという素材で作られたものです。体との接地面が大きいので体温を感じられ温かいのですが、夏は暑いです。

 

5.高反発マットレスは、低反発マットレスほど柔らかくなく、人間にとって理想の睡眠姿勢を保つことが出来るという最近人気のマットレスです。

 

メーカーによって違いがありますが、他のマットレスに比べお値段が高く設定されています。マットレスにはこのタイプが絶対に良い!というものはなく、個人の体調や好みでその人に合うマットレスは様々です。

 

マットレスに寝転がってみて、体にフィットしていると感じて買ったものでも、実際に眠ってみると肩こりや体の不調を感じるということがしばしばあります。マットレスは決して安い買い物ではありませんので、購入の際はお試し期間のあるお店や、返品可能なお店を選ぶこともマットレスを選ぶ際に重要になってきます。

 

 

トップページへ戻る