マットレスをカビから守る方法

使っているマットレスが黒ずんでいる、ということはありませんか。それはカビです。小さい黒ずみのカビもそのままにしておくとどんどん広がっていきます。見た目にも不衛生で嫌ですよね。カビはあらゆる病気の原因とも言われています。特に、梅雨の時期や夏場はカビが繁殖しやすくなりますので対策が必要になってきます。

 

冬も加湿器を使って部屋が高い湿度で保たれたりするので危険ですよね。カビの原因は、おやすみになる寝室は気密性が高いところが多く、温度が上がり結露が生じやすくなり、その結果湿度が高くなることで生じます。

 

カビ対策の基本はマットレスの下面の湿度と温度です。マットレスの上部は人の熱で温かいため、マットレスの下面との温度差が生じます。それにより結露が起こりやすくなるので、いかにその差を小さく出来るかがポイントになります。そのため、寝室の湿度を少しでも下げる必要があります。夏はエアコンの除湿機能や扇風機を活用するのも効果的です。加湿器を使っている冬は、寒さで換気を怠りがちになりますが、換気をマメに行う必要があります。

 

マットレスは重いので、布団のように干したりすることが出来ません。せめて心がけたいのが、起きたら掛け布団をはがし通気性を良くすること。月に1度は壁なでに立てかけて干してあげる。人は同じ場所で同じ寝方をしている場合が多いので、マットレスに湿気が集中してしまいます。定期的にマットレスの前後の位置、表裏を変えてあげると湿気の集中を防ぐ事が出来るのでおすすめです。

 

部屋の空気の入れ替えもまめに行って下さい。マットレスのカビのほとんどがマットレスの下の部分に集中するので、ベッドの床板の上に除湿シートをしくのも効果的です。汗を多くかくことはカビに繋がります。

 

汗をマットレスに浸透させないようにするのが大切ですので、直接マットレスで寝ることは避けてください。最低限シーツはかけてほしいものです。夏場は特に厚手の敷きパッドを利用されることをおすすめします。マットレスは簡単に洗えませんし、気軽に買い替え出来るものではありません。カビさせないのが一番重要なのですが、カビてしまった時はすぐに対処することが必要になります。その際、まず殺菌をして下さい。薬局で売っているエタノールやオキシドールで殺菌は可能です。

 

トップページへ戻る