高反発マットレスが腰痛に効果的な理由

低反発マットレスと高反発マットレスの大きな違いは用途です。睡眠時に何を求めるかで選ぶものも変わってきます。低反発マットレスは、身体の圧力がかかった時に、穏やかに沈み穏やかに反発するのでフィット感が高く寝心地の良いマットレスと言えるでしょう。

 

しかし、特性上、腰痛や肩こりを悪化させてしまう可能性もあります。それに対して、高反発マットレスは反発力が高いため、身体が沈み込むということがなく、しかも、体重によってかかる圧力を分散させてくれますので、腰痛や肩こりに悩まされている人にお勧めのマットレスと言えます。では、高反発マットレスが腰痛や肩こりに良いといわれる理由は何でしょうか。

 

高反発マットレスが腰痛や肩こりに良い理由

人間は、立っているときは背骨は緩やかなS字カーブになっているようです。

 

そして、この姿勢を保ったまま眠ることができるのが、最も良い睡眠時の姿勢と言われています。しかし、マットレスが柔らかすぎると身体が必要以上に沈み込んでしまい、腰などの特定のパーツにだけ負荷がかかってしまいます。

 

つまり、睡眠に最も適しているといわれている姿勢を保てないということになってしまいます。

 

寝ているときには包み込まれる感じで熟睡できるかもしれませんが、腰痛に悩まされている人は、起きたときに痛みを感じることが多いようです。逆に、マットレスがただ硬いというだけでは、マットレスに身体が当たる部分が少なくなってしまうため、こちらも特定のパーツにのみ体重がかかり疲労がたまってしまうという結果になります。

 

高反発マットレスは身体にかかる負担を軽減

この両方の問題点を解決してくれるのが高反発マットレスです。高反発マットレスであれば、強い反発力のおかげで必要以上に身体が沈み込んでしまう事態を防ぐことで身体にかかる負荷をしっかりと分散させ、それでいて、適度なフィット感も保ってくれます。低反発マットレスと異なり寝返りも無理なく打つことができます。つまり、疲労をためることなく寝心地の良い空間を作ってくれるというわけです。

 

とはいっても、高反発マットレスの中にもさまざまな種類のものがあり、人によって寝心地などは違ってきますので、口コミだけで選ぶのは難しいかもしれません。もっともよいのは実際に寝てみて決定することでしょう。

 

 

トップページへ戻る