低反発と高反発マットレスの違いは?どっちがおすすめ?

しっかりと健康管理をするうえでどうしても必要なのが質の良い睡眠をとることです。そのためにも、寝具選びが重要なポイントとなってきます。少し前までは、低反発マットレスが主流で、寝具コーナーには必ずと言ってよいほど低反発マットレスが置いてありました。

 

しかし、最近では、低反発マットレスと同じくらい高反発マットレスも話題となっています。名前からして真逆の商品だとわかると思いますが、実際のところ、高反発マットレスと低反発マットレスは何が違うのか押さえておきましょう。

 

高反発マットレスの特徴

  • 反発力が高い
  • 寝てもマットレスに体が沈まない
  • 耐久性がある
  • 寝返りがしやすい
  • 高価である

 

低反発マットレスの特徴

  • マットレスに体が沈み、ゆっくり戻そうとする
  • 寝返り回数を抑えてくれる
  • 耐久性が低い
  • 柔らかすぎて腰痛や肩こりの原因となる
  • 低価格の商品もある

 

そもそも、高反発、低反発とは何のことでしょうか。まず、高反発のマットレスの特徴ですが、反発力が高い、つまり、体重がかかった時にマットレスの素材が強い力で反発しますので、寝てもマットレスの中に体が埋まりすぎるということがありません。

 

それに対して、低反発マットレスの特徴は、反発力が弱いので体重がかかった時に体に合わせて素材がじんわりと沈み、また、逆にゆっくりと戻そうとする力が働きます。イメージとしてはしっかりとフィットする感じです。

 

腰痛、肩こりなどが気になる人には「高反発マットレス」

このように、高反発マットレスと低反発マットレスは素材や寝心地が全く異なるものなのです。もちろん、どちらにもそれぞれメリットがありますが、腰痛や肩こりなどの問題を抱えている人に特にお勧めなのは、高反発マットレスになります。

 

高反発マットレスには、体重によってかかる圧力を一点に集中させずに分散させるという特徴もあります。当然、身体にかかる圧力が分散されるわけですから、身体に負荷がかかりにくくなり、寝ることによって感じる身体の痛みを軽減することができるということになります。

 

もちろん、低反発マットレスにもメリットはあります。うつ伏せで寝ても横向きに寝ても身体がしびれるということがありませんし、フィット感が高い素材ですので、高反発マットレスよりは寝心地が良いといえるでしょう。しかし、そのフィット感の高さは、裏を返せば身体がマットレスに沈み込んでしまうため、腰痛や肩こりを引き起こしてしまいかねないというデメリットもあるわけです。

 

何を基準にマットレスを選ぶかは、その人が睡眠時間に何を求めているかによって大きく変わってきますが、日ごろから腰痛や肩こりに悩まされている人には高反発マットレスがおすすめと言えるでしょう。

 

 

トップページへ戻る