日本製と海外製マットレスの違い

最近、何かと話題になっているマットレスですが、良くも悪くも種類が豊富で、何を購入すればよいのか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。人によってどのようなポイントを重視しマットレスを選ぶかは異なってくるでしょう。

 

あまり注目することがないポイントかもしれませんが、マットレスには国産のものと海外製のものとがあり、この生産国の違いによってもマットレスに大きな違いが出てくるのです。では、マットレスの日本製と海外製の違いは一体どこなのかを押さえておくことにしましょう。

 

海外製のマットレスはカビが生える危険性も

まずは、マットレスの海外製の特徴です。当然のことながら海外はもともとマットレス文化ですから、マットレスの歴史は長く研究も十分にされていると思います。そういった意味では海外製のものも決して悪いとは言い切れません。

 

ただし、海外製のものは高温多湿な日本向けに作られていないため、製造された国での評価がどんなに高くても、ウレタンという性質上、通気性が悪く、しっかりと保管しなければカビが生えてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

日本製は日本人向けで通気性が優れている商品が多い

次は日本製です。日本にはもともとマットレスという習慣はありませんでしたから、歴史という意味ではどうしても海外製のものには負けてしまいます。だからと言って、日本製のマットレスは海外製のものに比べると良くないというわけでもありません。

 

日本製のマットレスの特徴としては、何よりも日本の気候、日本人向けのものであるということが最大のメリットでしょう。日本の気候は湿度が高く気温も高いのが特徴です。このような気候のところに海外製のものを持ってきてしまうとカビが生える原因となってしまいます。

 

それに対し、日本製のマットレスは通気性が良く抗菌性も優れている商品が多くなっています。つまり、日本の気候でもカビが生えにくい仕様となっているということです。また、商品のターゲットも日本人ですので、日本人の体形などに合わせて開発されている商品がほとんどです。そういった面からみても日本に適したものと言えるでしょう。

 

海外製のものになってくると輸送量なども高くつきますし、ライセンス料金なども発生してしまいます。この観点からしてみてもおすすめは日本製のものかもしれません。

 

 

トップページへ戻る