ノンコイル系マットレスは金属ばねがない

ノンコイル系マットレスとは、コイルスプリングと呼ばれる金属バネを、マットレス内に使用していないものを指します。コイルスプリングの代わりに睡眠中の身体を支えるものとして、ウレタンやラテックスなどがマットレスの芯材に使用されています。ウレタンやラテックスには、体重を掛けると一旦沈み込み、その後で元の形状に戻ろうとする特性があります。

 

そのため、身体の線に沿った姿勢で眠ることができるのです。さらに、使用する素材の発泡度合いによって、低反発マットレスと高反発マットレスの二種類に分けられます。ウォーターマットレスや、エアーマットレスなどもノンコイル系に分類されますがあまり一般的ではなく、主流は高反発・低反発の素材を使用したマットレスとなります。

 

ノンコイル系マットレスのメリットは、なんと言っても弾力と柔らかさを両立していることです。横になると、身体の各部位に合わせてマットレスが沈みこむので、まるで包み込まれるような寝心地を得られます。

 

マットレス内にコイルスプリングが入っていないので軽く、定期的に干したり、たたんで収納したり出来る点もポイントです。とくにマットレスが干しやすいかどうかは重要になります。それというのも、睡眠中の寝汗や、夏場や梅雨時の湿気をマットレスは吸収してしまうため、敷きっぱなしはカビなどが発生する原因になってしまうからです。価格面では安価なものが多く、種類も多いので、自分の体型や硬さの好みに合わせたものを選ぶことができます。

 

一方で、コイルスプリングが無いためのデメリットも生じます。まず、熱や湿気がこもりやすい点です。身体にフィットするということは、それだけ熱がこもりやすくなります。特に、ノンコイル系にはコイルスプリングのように空気を多く含む層がないため、睡眠中の体温や汗による蒸れなどが起こりやすくなります。対策としては、敷きパッドの利用が欠かせません。

 

次に、ノンコイル系に広く使われているウレタンは、水分を吸うと乾きにくい特性があります。素材によって洗濯が可能なものもありますが、一般的には水洗いができないとされています。そして、コイルスプリングを使用しているものと比べると使用素材が傷みやすく、寿命が短くなりやすいのです。

 

 

トップページへ戻る