マットレスの値段による性能の違いとは

最近何かと話題の高反発マットレスですが、実際の店舗やインターネット上を見ると、沢山の種類が存在します。

 

一体何を基準に高反発マットレスを選べばよいのかわからないという人も少なくないでしょう。もちろん、高反発マットレスを選ぶ基準は様々ですが、どうしても外せないのが値段ではないでしょうか。高反発マットレスの価格帯ですが、安いものであれば数千円で手に入ります。しかし、高級なものとなると、数万円から数十万円するものまであり、どこで手を打てばよいのか迷ってしまうほどです。

 

では、そもそも、なぜここまで値段が全く異なる商品が存在するのでしょうか。価格の違いは一体どこにあるのでしょうか。主に値段で異なってくる部分は、素材と研究費です。当然値段の高いものは素材もよく、研究開発費が費やされていますので質の高いものとなっています。

 

高反発マットレスはその名の通り、圧力が加わった時の反発力が強いものとなっています。この反発力は素材として使われているウレタンの密度によって変わってきます。ウレタンの密度が高ければ高いほど反発力も強くなり、逆にウレタンの密度が低ければ高反発力を期待することができません。つまり、あまりにも安い高反発マットレスを購入しても無意味となってしまう可能性もあるということになります。

 

しかも、密度の低いウレタンを使用したマットレスは、最初の肌触りなどが良くてもあまり使用しないうちから形が変わってしまい、大半のものがすぐに意味をなさなくなってしまいます。ですから、あまりに安さを重視してしまうと、高反発マットレスとしての機能性がないものを購入してしまう羽目になり、買ってもすぐに捨てなければならないという事態を招いてしまいかねません。

 

もちろん、無理をして高級なものを買う必要はないかもしれませんが、ある程度の予算は計算しておくほうがよいでしょう。

 

値段の違いとして挙げられるもう一つのポイントは研究開発費です。高反発力に必要な密度を高めるためにはどうしても開発費がかかってしまいます。値段の高い高反発マットレスは研究開発費をしっかりとかけているので品質がしっかりとしたものになっています。

 

このように、高反発マットレスの値段の違いはしっかりと理由がありますので、その点も踏まえたうえでどの価格のものを購入するかを検討してみてください。

 

 

トップページへ戻る